【血液内科〜造血器腫瘍〜】医師国家試験に出る疾患の治療まとめ

  治療方法 治療の意義
急性骨髄性白血病

寛解導入療法、地固め療法、維持療法                       

<化学療法抵抗性、予後不良因子保有例 >

・造血幹細胞移植

<急性前骨髄球性白血病(M3) >

寛解導入療法として、全トランス型レチノイン酸(ATRA)投与

-
急性リンパ性白血病

寛解導入療法、地固め療法、維持療法

フィラデルフィア染色体(+)例>

チロシンキナーゼ阻害薬(リツキシマブ)投与。

寛解後、同種造血幹細胞移植

フィラデルフィア染色体(ー)例>

ビンクリスチン、アントラサイクリン系薬、プレドニゾロン                           

 

・中枢神経白血病予防→メトトレキサート       

-
慢性骨髄性白血病

チロシンキナーゼ阻害薬(イマチニブ)投与

<HLA適合ドナーがいた場合 >

・造血幹細胞移植

フィラデルフィア染色体<t(9;22)>が生じることで、チロシンキナーゼ活性が上昇することにより発症するため、チロシンキナーゼ阻害薬が効く。               
慢性リンパ性白血病

<症状なし>経過観察

<貧血、血小板減少例> 化学療法(リツキシマブ、フルダラビン、シクロホスファミド)

<AIHA合併例>プレドニゾロン投与

B細胞が増殖する疾患である。よって、抗CD20抗体製剤であるリツキシマブが有効。 
成人T細胞白血病

<くすぶり型、慢性型>経過観察

<リンパ腫型、急性型>化学療法、造血幹細胞移植

高カルシウム血症がある場合>

生理食塩水大量輸液、利尿薬、ビスホスホネート、カルシトニン                          

ちなみに、抗ウイルス薬はない。                       
- - -
骨髄系腫瘍(白血病除く) - -
真性赤血球増加症(PV)

瀉血

・化学療法-ハイドロキシウレア、JAK阻害薬(ルキソリチニブ)

血栓予防→低用量アスピリン投与

本態性血小板減少症(ET)

<高リスク群>

・低用量アスピリン投与+ハイドロキシウレア投与

血小板増加による血栓形成を予防する目的で、低用量アスピリンが有効.
- - -
リンパ系腫瘍(白血病除く) - -
悪性リンパ腫

[Hodgkinリンパ腫]

<限局例>

・化学療法(ABVD療法:アドリアマイシン、ブレオマイシン、ビンブラスチン、ダカルバシン)

放射線療法併用

<進行期>

化学療法

 

[非Hodgkinリンパ腫]

・CHOP療法

放射線療法

※CD20陽性例には、リツキシマブを加えたR-CHOP療法を行う。

-
多発性骨髄腫

〈症候性の場合〉

・プロテアソーム阻害薬(ボルテゾミブ)投与

〈再発・治療抵抗性〉

・レナリドミド、サリドマイド、ボルテゾミブ投与

高カルシウム血症がある場合> ・生理食塩水大量輸液、利尿薬、ビスホスホネート、カルシトニン

-
原発性マクログロブリン血症

<過粘稠症候群>

血漿交換

-
MGUS 経過観察 予後良好である。

【血液内科〜止血系の異常〜】医師国家試験に出る疾患の治療をまとめてみた

 今回は止血に関わる疾患の治療についてまとめました。やっぱり、私はざっと教科書やビデオ講座で理解しても、理解しているだけで思い出せるレベルにまで達していない所も多かったです。こうしてまとめてみて知識が定着することも多いものですね。

  1次止血、2次止血の疾患療法に対する治療法をまとめています。ではどうぞ。

 

治療方法                

      治療の意義    

                          

von Willebrand病

・第Ⅷ凝固因子補充かつvWF補充

・デスモプレシン投与

・von Willebrand因子は血小板粘着と第Ⅷ因子安定化に関わるため、血小板、第Ⅷ因子を投与する。

・デスモプレシンは、1,抗利尿作用、2,vWF産生作用を持血、2,の作用を狙って投与する。

血友病 ・凝固因子補充(血清低下しているものを投与)

・X染色体劣勢遺伝(XR)

血友病A:第Ⅷ凝固因子異常

   血友病B:第Ⅸ凝固因子異常 病態にあわせて投与する。

播種性血管内凝固(DIC)

・〈first!!〉抗凝固療法

      ヘパリン

      アンチトロンビン

      合成プロテアーゼ阻害薬投与

 

・血小板、新鮮凍結血漿投与(対症療法的に)

病態は、血栓傾向をきたすところから始まるので、抗凝固療法がfirst!!
免疫性血小板減少症

・ヘリコバクター

・ピロリ菌の除去

・副腎皮質ステロイド免疫グロブリン大量投与

・難治性の場合、脾摘

ヘリコバクター・ピロリ菌との関連が示唆されている。 ・抗血小板抗体の出現により、Ⅱ型アレルギーの機序で血小板が破壊されるため、液性免疫を阻害する治療(ステロイド投与、免疫グロブリン大量投与)を行う。
血栓性血小板減少症

血漿交換療法

☆血小板補充は禁忌!!

von Willebrand 因子を分解する酵素であるADAMTS13に対する自己抗体により引き起こされる疾患である。 自己抗体の除去、超高分子vWFマルチマー除去、ADAMTS13補充効果を狙い、血漿交換を行う。 ☆血栓形成を促進するため禁忌である。
溶血性尿毒症症候群

・支持療法が基本   

 輸液、輸血

 透析療法(急性腎不全発症例に)

-

【産婦人科〜無月経、不妊、不育〜】医師国家試験に出る疾患の治療をまとめてみた

 

今回は産婦人科のうち、無月経不妊、不育に関係する疾患の治療をまとめました。

なんかわかりづらくて苦手だったんですよね。薬の名前とか覚えづらいし、治療の作用機序とかも独特なものが多い。

まとめてみたんで、良ければご覧ください。

 

  治療の理解に必要な病態・分類など 治療

無月経

第1度: エストロゲン分泌があり、プロゲステロン分泌のみないもの 視床下部のLHRH分泌能のみが傷害されている。 クロミフェン(排卵誘発剤エストロゲンと競合しGnRH分泌↑)
第2度: エストロゲン分泌、プロゲステロン分泌ないもの "覚え方:第2度は二つともない" 原因:視床下部、下垂体、卵巣の異常 ゴナドトロピン療法(hMG+hCG)

多嚢胞性卵巣症候群PCOS

視床下部、下垂体、卵巣の異常に加え、 副腎系や糖代謝異常が関与していると考えられている。 ・LHのみ↑、FSHは→ ※ちなみに、第1度無月経だよ 1、減量 2、挙児希望あり:クロミフェン投与(排卵させる) クロミフェン無効例:ゴナドトロピン(hMG +hMG)療法 3、挙児希望なし:Holmstrom療法(黄体ホルモン療法) 4、腹腔鏡下卵巣多孔術 5、ART(生殖補助医療)

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)

・ゴナドトロピン療法(hMG +hCG)療法後に、卵巣が過剰に刺激されることで血管作動性物質を放出することにより起こる。 ・症候 循環血液量低下→血圧低下、DIC、腎前性腎不全 1、輸液 2、低容量ドパミン投与:利尿作用がある。乏尿による急性腎不全を予防

 

 

  治療の理解に必要な病態・分類など 治療

不妊全般

- 1、基礎体温の記録、排卵時期予測 2、タイミング指導 <タイミング指導でダメな場合> 3、人工授精、排卵誘発(クロミフェン) 4、3がダメなら、ART(体外受精、顕微授精、胚移植)を行う
- 以下、上の治療をもとに考える -

不妊各論

男性不妊、適合因子によるもの

人工授精、ART 他、手術(器質的疾患あれば)

女性不妊(子宮卵管因子)

ART ※人工授精は、適応にならない。精子を注入したところで受精、着床不可

女性不妊(内分泌因子)

内分泌治療

不育

半数の原因は不明。 抗リン脂質抗体症候群、染色体異常、子宮奇形、内分泌異常などによる。 原因が明らかになれば、原疾患を治療する。

産婦人科の治療まとめてみた〜子宮の腫瘍編〜

医師国家試験過去問を解いていると、一通り勉強して理解していたとしても、「この疾患の治療は?」とピンポイントで聞かれて、似たような名前の治療法を列挙されると、なかなかピシッとっこ答える事ができなかった経験ありません?

そういうところで模試の点数を取りこぼしたりした管理者の経験を踏まえて、

“この疾患にはこの治療だ!!”と1対1で、ピシッと答えられるようになることを目的として治療一覧を作りました。

必要な方がいれば、ご覧ください。

 

 

  治療理解に必要な病態 治療
子宮筋腫 エストロゲン依存性 GnRHアゴニスト ダナゾール(男性ホルモン) 筋腫核出術 ☆粘膜下筋腫にGnRHは禁忌 ☆エストロゲン製剤は禁忌(エストロゲン依存疾患のため)
子宮腺筋症 エストロゲン依存性 GnRHアゴニスト ダナゾール(男性ホルモン) 根治術:子宮摘出
子宮内膜症 エストロゲン依存性。 月経困難症、ほか発症部位に応じた痛み GnRHアゴニスト ダンゾール(男性ホルモン) 黄体ホルモン(エストロゲン拮抗作用を持つ) 〈月経困難症に対して〉 低用量ピル 〈手術〉 腹腔鏡での癒着解除 腹腔鏡下卵巣摘出術
子宮頸部異形成 ヒトパピローマウイルス16, 18型による。 浸潤癌へと進行する例もあれば、自然消失する例もある。 軽度〜中等度:経過観察(消退する可能性も) 高度:子宮頸部円錐切除
子宮頸癌 - 書くの大変。またの機会に!
子宮体部癌 - 書くの大変。またの機会!
胞状奇胎 異常な受精で生じた受精卵が子宮内で増殖し、 絨毛組織が異常に増殖する病態 子宮内容摘出術
侵入奇胎、絨毛癌 - 抗癌化学療法:メトトレキサート、アクチノマイシンD、ビンブラスチン、エトポシド 子宮全摘 ☆胞状奇胎の術式名は??→see上

【血液内科の治療〜赤血球の疾患〜】医師国家試験に出る疾患の治療全てをまとめてみた

 医師国家試験に出る赤血球の疾患についてまとめました。今回は治療のみをピックアップしています。

 各疾患だけを、テキストやビデオ講座で勉強しているとわかった気になるのですが、問題解いていると意外と思い出せなかったりしたので、治療のみに絞ってまとめ表を作りました。

 必要ならご利用ください。

 

 

血液内科治療 一覧
鉄欠乏性貧血 鉄剤投与 ※原則経口投与 ※フェリチンが正常化するまで 
鉄芽球性貧血 1、ビタミンB6(ピリドキシン)投与:δALA活性を上昇させる。 2、鉄のキレート
サラセミ 根本的な治療はない 重症例で、輸血、脾摘、鉄のキレート、骨髄移植などを行う。
慢性炎症に伴う二次性炎症(ACD) 基礎疾患の治療を優先。人生貧血に対しEPO投与。
再生不良性貧血 1、軽症〜中等度→経過観察or蛋白同化ステロイド 2、やや重症以上→ 抗胸腺細胞グロブリン          骨髄移植:40歳未満に適応          免疫抑制薬(シクロスポリンなど)          
赤芽球ろう 1、免疫抑制薬(シクロスポリン、副腎皮質ステロイド) 2、輸血によるヘモクロマトーシスに対し、鉄キレート剤
巨赤芽球性貧血 1、ビタミンB12欠乏→ビタミンB12製剤筋注 2、葉酸葉酸の投与(経口) ※葉酸欠乏例にビタミンB12投与すると、神経症状が悪化するので注意!!
遺伝性球状赤血球症 脾摘(唯一の治療法) ※乳幼児は易感染性となるため、6歳以上で行う.
発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH) 1、造血幹細胞移植 2、赤血球輸血 3、エクリズマブ(補体C5に対する抗体)
自己免疫性溶血性貧血 温式の場合 1、副腎皮質ステロイド ←Ⅱ型アレルギーによる疾患なので有効!! 2、無効例に対し脾摘 冷式の場合 寒冷を避ける.

医師国家試験カンタンに解説します!①

今日解いて、画像の読み方がよくわからなかった問題でした。

 

【113D60】(改変っていうか、ざっくり要所を抜き出します)

55歳男性。慢性の腰背部痛、両肘関節、膝関節痛のため受診。両肘、膝関節、両側臀部、両側アキレス腱付着部に圧痛を認める。

赤血球正常、白血球正常、血小板正常。BUN正常、クレアチニン正常、抗核抗体陰性、リウマトイド因子陰性、抗CCP抗体陰性。

 

画像

f:id:mi-wanko:20201116012132j:plain

 

この患者の腰背部痛の特徴は何か?

1発熱を伴う

2下肢に異常感覚がある

3片側性である

4発症時期が特定できる

5安静時に悪化し、運動で改善する

 

 

 

 

という問題でした。

 

 

疑う疾患は、、、

 

 

 

 

強直性脊椎炎です。

 

慢性の腰背部痛、アキレス腱付着部の圧痛、抗核抗体陰性、リウマトイド因子陰性、抗CCP抗体陰性

がポイントですね。

簡単にまとめてみた記事があるので、詳細確認したい方は以下をどうぞ。

 

 

mi-wanko.hatenablog.com

 

 

で、腰背部痛の特徴は、まあ、強直性脊椎炎なので、

 

安静時に悪化し、運動で改善

 

だろうということで、回答に至ります。

今回は、強直性脊椎炎の腰部痛の特徴をよく理解する必要のある問題でしたね。

 

 

と同時に、画像が読みづらいなと個人的に思いました。以下で解説します。

 

画像の読み方

強直性脊椎炎といえば、bamboo spineですが、読みづらいなあと思ったのは僕だけでしょうか。

多分読みづらいですよね。

f:id:mi-wanko:20201116012555j:plain

こんな感じでしょうか。

椎間板が肥厚して、bamboo spineを呈しているのがわかると思います。

仙腸関節炎も起こるので、仙腸関節の裂隙が不昧量になっているのがわかりますね。

f:id:mi-wanko:20201116013311j:plain

Year note ATLAS第7版からの引用です。

 

これはわかりやすいです。が、国試ではわかりにくい画像も出題されるということなんでしょう。

 

 

今回は強直性脊椎炎の問題について説明しました。

解けなかった問題や気になった問題をあげていくので是非みていってください。

 

 

 

 

 

 

【国試対策】膠原病で出現する自己抗体まとめ

・抗Sm抗体、抗dDNA抗体→SLE

・抗リン脂質抗体(抗カルジオリピン抗体、ループスアンチコアグラント)→抗リン脂質抗体症候群APS

・抗scl-70抗体(抗トポイソメラーぜⅠ抗体)、抗RNAポリメラーゼⅢ抗体→全身性硬化症(SSC、強皮症)

・抗セントロメア抗体→CREST症候群(全身性硬化症の亜型)
・抗ARS抗体(抗jo-1抗体含む)、抗Mi抗体、抗TIF1抗体→多発性筋炎、皮膚筋炎

・抗U1-RNP抗体→混合性結合組織病(MCTD)